オフィスのエアコン効きすぎ…職場で使える夏用の羽織もので徹底対策!

夏の職場にはエアコンがあると快適ですが、オフィスが広かったり男性も働いている職場だとかなり低い温度に設定されることもありますよね。

出勤して暫くは涼しく感じられますが、じっと座って作業していると段々と体が冷えてしまうかも…。

そんなときは、冷え対策にさっと羽織れる服を用意しておきましょう。エアコンが効きすぎているオフィスでも、羽織ものを持っておくだけでかなり快適に過ごせますよ!

今回は、職場用の羽織ものを選ぶポイント、そして冷房対策に最適なレディース羽織をピックアップしました。ぜひ、最後までご覧ください!

夏のオフィス用に着る羽織、選ぶポイントは?

オフィスの冷え対策に必須の羽織ものですが、選ぶにはちょっとしたポイントがあります。

「買ったのにあまり効果が無かった…」なんてことにならないために、次のポイントを押さえたものを選ぶようにしましょう。

ポイント1:冷風を通さないものを選ぶ

冷房が効いているオフィスでは、温度が低いことに加えて「冷風」があたり続けることも冷えの原因となります。風通しの良い羽織ものでは、冷風が入り込むためあまり効果がありません。

冷房対策として羽織る場合、素材の「通気性」を意識しましょう。夏用の服は風通しの良いものが多いので注意が必要です。

特に、メッシュ素材シアー素材のものを選ぶ際は注意が必要。あらかじめ、羽織った時どのくらい風通しが良いか確認しておきましょう。

ポイント2:手先まで布地がある羽織を選ぶ

人は体温が下がると、基本的に手足などの末端から冷えてきます。体が冷えると、体内の熱を生命維持に必要な内蔵に集中させるため、どんどん体の端にある熱が奪われていくんです。

エアコンの効いたオフィスで作業していると、いつの間にか手がびっくりするほど冷たくなっていた…なんて経験はありませんか?

特にPCなどで作業をする場合は、手先を長時間出しっぱなしにするので大変冷えやすいです。手先が冷えると作業効率も下がってきますので、必ず手のくるぶしが隠れる程度の袖を選んで対策しましょう。

ここで避けてほしいのが、袖の無い「ジレ」。おしゃれでオフィスコーデにぴったりのアイテムですが、手元の暖が取れないので、意外とオフィスの冷え対策には向きません。

体は手先、足先から冷えます。足先は靴下やブランケット等で、手先は長袖の羽織で対策をしましょう。

ポイント3:着脱しやすいものを選ぶ

夏の冷え対策にぴったりの羽織ものですが、途中で暑いと感じた時やオフィス外に出るときなどには、その場で脱ぐ必要が出てきます。

そのため、羽織はとにかくさっと羽織れてさっと脱げるものを選ぶことが大切です。また、出勤時から羽織を着ていく場合は、羽織を脱いだ状態でもバランスが悪くならないようなコーデにしておきましょう。

仕事中は「脱いだ後の羽織を置いておける場所が無い!」なんてこともあるかもしれません。脱いだ羽織を手元に置けるよう、畳んでもしわになりにくく、さっとバックにしまえるようなものを選ぶようにしましょう。

レディースの夏用羽織、迷ってるならこれを揃えて!

ここまで羽織を選ぶポイントをご紹介してきましたが、ここからは新しく羽織を揃える方に向けて、すぐに買えるおすすめの夏用羽織をご紹介していきます!

今年の夏に向けて羽織の購入を検討している方、ぜひ参考にしてみてください!

おすすめのレディース羽織①:薄手のカーディガン

職場でさっと羽織れる定番の羽織ものといったら、やっぱりカーディガン。春先に着るような薄手のカーディガンなら、夏の冷房対策にもぴったりです。

上品な印象になるので、仕事用の服装にも合わせやすいです。

そんなカーディガン、買うならこういったものがおすすめです。

冷房対策+UVカット!機能重視のカーディガン

なめらかUVニットカーディガン

夏に嬉しいUVカット機能付きのカーディガン。オフィス内だけではなく、通勤時に羽織れば日焼け対策にも使えます。透け感が少ないので、冷房対策もばっちりです。

軽く冷えた時は画像のように袖を通さず羽織り、寒いときはしっかり着るというように調節すると良いですね。

スウェット素材のカジュアル派カーデ

リングスナップボタンスウェットカーディガン

こちらは、着心地の良いスウェット素材のカーディガン。シンプルでトレンド感を抑えたデザインが魅力的です。

「上品すぎるカーディガンが苦手…」「夏でもピタッとしたシルエットのカーディガンは着たくない!」、そんな方にはぴったりの一着ですね。

おすすめのレディース羽織②:シャツ

シャツは羽織として着るとおしゃれですし、涼しい時期はトップスとして着られるので使い勝手抜群です。オールシーズン万能なアイテムですので、ぜひ羽織として活用しましょう。

そんなシャツのおすすめはこちら。

ニュアンスカラーが可愛いストライプシャツ

ガーゼ調マルチストライプビッグシャツ

ほんのりストライプが可愛いこちらのシャツ。ガーゼ調でソフトな触り心地なので、一枚持っておくとオフィスで快適に過ごせます。

ややゆったりめのサイズ感なので、ボタンを留めずにさっと羽織るとほどよい抜け感を出せますよ。


おすすめのレディース羽織③:前開きのブラウス

ブラウスは羽織というより「トップス」のイメージが強いアイテムですが、前開きタイプのものなら、シャツのようにトップスとしても羽織りものとしても使うことが出来ます。

シャツはあまり自分に似合わないので苦手…という方は、ブラウスを羽織として使ってみましょう!

トップスとしても優秀な万能ブラウス

選べるデザインブラウス

こちらはオフィスコーデにぴったりなボウタイ付きのブラウス

ボウタイは取り外し可能になっているので、羽織として使う際は取り外して前ボタンを開ければOK。

さらにこちらはトップスとしても、めちゃくちゃ優秀なんです!

画像のようにボウタイを巻いて上品に着こなしたり、リボンの形にしてより可愛らしい雰囲気にしたり、ボウタイを取ってシンプルな着こなしにしたり…などと、いろいろな着方を楽しめます!

ジャガード柄が上品な2wayブラウス

前後2wayシアージャガードブラウス

こちらは、前を閉じた状態なら前後2wayで着れるブラウスになり、前のボタンを開ければ羽織として使える優秀ブラウスです。

美しいジャガード柄とすっきりしたシルエットによって、透け感があるのに上品で清楚感のある見た目になっています。

透け感があるためある程度は冷風を通してしまうのですが、少し肌寒い程度なら十分羽織として機能します。

まとめ

いかがでしたか?

冷房の効く夏のオフィスでは、しっかり羽織ものを用意しておかないと体が冷えてしまうことがあります。ポイントを押さえた優秀な羽織ものを一枚バッグにいれて対策しておきましょう。

冷房対策であれば、カーディガン、シャツ、ブラウスなど、実はいろいろなアイテムが羽織として使えます。自分の普段の服装や趣味に合わせて、使いやすいものを選ぶと良いですね。

お気に入りの羽織ものを準備して、夏のオフィスをもっと快適に過ごしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました