酵素の化粧品ブランド5選/酵素洗顔以外も!酵素に特化したおすすめブランドを紹介!(洗顔・クレンジング・化粧水・保湿)

「酵素」を使った化粧品があることをご存知でしょうか。酵素というとドリンクやサプリのイメージが強いかもしれませんが、化粧品界でもかなり注目されているんです。

今回は、酵素の効果と酵素系化粧品の選び方、そして酵素に特化したおすすめの化粧品ブランドとその商品をご紹介していきます。

知名度の高い酵素洗顔に加え、化粧水やローションといった肌の保湿やクレンジングに使える商品もあるので、ぜひご覧ください!

酵素の効果って?化粧品に使われる理由

酵素とは、「生体内の細胞で生成され、体内で行われる消化・分解・エネルギー生産といった化学反応の触媒となる物質」です。噛み砕いて表現すると、生物の生命活動を助ける天然の成分ですね。

現在食品や化粧品等に使われる酵素は、基本的に生体内に存在する酵素を抽出し、製品内に取り込んでいるものになります。

酵素はそれ単体で強い作用を与えるのでは無く、体が本来持っているバリア機能や再生機能を助けることで効果を発揮します。よって、ダイエットや便秘改善といった体全体のケアだけでなく、お肌の機能を整えるスキンケア効果もあるんです。

一般的に、酵素を化粧品に用いると次のような効果があるとされています。

  1. タンパク質や皮脂を「分解」する。
  2. 抗酸化作用を持ち、肌の老化トラブル(シミ・しわ・そばかす等)を防ぐ。
  3. 人工の化学成分に頼らずにスキンケアが出来る。

では、上の3つの効果を少し詳しく解説していきます。

1.タンパク質や皮脂を「分解」する

酵素は本来、体内の消化・分解を助けるものですので、酵素の中には「タンパク質を分解する」効果があるものが存在します。

酵素を取り入れたクレンジングや洗顔フォームは、基本的にこのタンパク質分解酵素の力で、メイク等の汚れや角質、それらに絡まった皮脂を分解することでその洗浄力を発揮しています。

酵素洗顔が、適切な使用頻度を守れば「肌を傷めず毛穴の黒ずみを取ってくれる」というのは、汚れを強い洗浄成分で洗い流すのではなく、分解して無理なく除去することで可能にしているんです。

2.抗酸化作用を持ち、肌の老化トラブルを防ぐ

酵素の中には抗酸化作用を発揮するものも含まれます。肌における酸化とは、いわゆる「老化」です。シミ・しわ・そばかすといった肌の老化トラブルは、若く健康な肌でしたら、元々肌の正常なターンオーバー、そしてバリア機能が働くことで問題なく対処できます。

ただし、年齢や生活習慣、環境によっては正常に肌表面の機能が働かず、トラブルが生まれてしまいます。ここで効果を発揮するのが、抗酸化作用を持つ酵素です。

抗酸化作用を持つ酵素は、加齢等の理由で減少しつつある肌の保湿効果、不要物質の除去(ターンオーバー)効果を担うことで、老化トラブルを防ぎ健やかな肌を維持する効果があります。

3.人口の化学成分に頼らずスキンケアができる

酵素は生体の細胞から生産される酵素です。もともと生物の体にあるものなので、人間の肌に合いやすいという特徴があります。

高い効果を発揮する化粧品の中には、当然人工的に生産された化学物質を利用しているものも多いです。当然肌への刺激や副作用などが無いよう研究や実験がされていますが、メーカーの試験があっても、個人の肌に全くの影響がないのかを保証されているいうわけではありません。

使用方法や保管方法等、開発メーカーさんによる注意書きをしっかり守ることは大前提ですが、きちんと使用していても化粧品が肌に合わない…ということはあります。

特に化粧品で肌が荒れた経験がある方や、肌トラブルの起きやすい敏感肌の方、アレルギーが出やすい方などは、酵素系の化粧品で優しいスキンケアに切り替えてみてはいかがでしょうか?

酵素系の化粧品なら、酵素の研究に特化した専門ブランドがおすすめ!

パッケージや宣伝文句に「酵素」という言葉を取り入れて、その効果を謳う化粧品はかなり増えてきています。どれが実際に効果があるのか正直よく分かりませんよね。「どれを選べばいいか分からないし、何となく有名なブランドの商品、見たことのある商品でいいのかな…?」なんて考えで選ぼうとしていませんか?

しかし!酵素系の化粧品の場合は化粧品の知名度が高い有名ブランドよりも、「酵素に特化した」化粧品ブランドを選ぶことをおすすめします!

その理由は、大手の化粧品メーカーさんと言えど酵素の研究に専念されているとは限らないから。

酵素は体内で生産される成分ですが、それを適切に化粧品に取り入れ効果的にスキンケア効果を発揮するにはたゆまない研究・技術が必要になってきます。

有名な大手化粧品メーカーさんは、当然化粧品成分の研究に尽力されているのですが、酵素を専門として研究されているわけではありません。それよりも、小規模であっても「酵素の研究」に特化して長年研究・開発されているメーカーさんが、その専門技術を活かして作り上げた商品の方が「酵素の効果がある商品」としてはお勧めです。

酵素を取り入れたおすすめ化粧品ブランド5社のランキング

それでは、ここからは酵素に特化し、酵素系の化粧品を取り扱うおすすめの化粧品ブランド5選をランキング形式でご紹介していきます。

ランキングとは言え、どのブランドも酵素を専門として研究に尽力されており、その品質はどれも勝るとも劣りません。各ブランドの商品も合わせてご紹介しますので、自分に合いそうなブランド・商品を探してみてくださいね。

5位:soel(ソエル)

soel(ソエル)は、植物由来の生きた酵素に着目し、季節・体調・年齢などによって揺らいだ肌を整えるオーガニックスキンケアを取り扱うブランドです。「素肌が本来もつ生きる力を取り戻す」ことをコンセプトとしており、トラブルに悩む大人の肌に優しく添える(=soel)化粧品の開発に取り組んでおられます。

おすすめ商品ピックアップ

酵素を活用した「LIVING-OIL SKINCARE」というシリーズでは、とろっとのびる特徴的なテクスチャの「生せっけん」をはじめ、「生きた酵素」を活かしたクレンジング、洗顔せっけん、化粧水、美容液、クリームという一通りのスキンケア商品が揃っています。

[LIVING-OIL SOAP ]生せっけん 正規販売店【楽天】

こちらは特に人気の高い生せっけん。ユニークな質感の洗顔せっけんですが、泡立てネット等で泡立てるとメレンゲのようなきめ細かい濃密泡になります。

soel4種アソートセット 正規販売店【楽天】

こちらは、LIVING-OIL SKINCAREシリーズの生せっけん、化粧水、美容液、クリームをまとめて購入できるセット商品ですね。肌に優しく見た目もおしゃれなので、化粧品がお好きな方へのプレゼントとしても最適です。

もちろん、各種単体での販売もされています。

(ランキングの最後へ)

4位:SIRTFL(サートフル)

SIRTFL(サートフル)は、長年酵素サプリメントを販売されてきた「新谷酵素」から出ているスキンケアブランドです。そのため、こちらの商品は「塗るサプリメント」をキャッチコピーに、酵素系サプリメント開発のノウハウを活かした化粧品を販売しています。

販売されているのは、洗顔料、ローション、美容液の3種類。極力肌へ効果のある成分で構成するために、成分に「水」を使っていないという特徴があります。酵素+植物由来の成分をぎゅっと濃縮した化粧品です。

水を使っていないため、洗顔料と美容液についてはパウダータイプ、ローションにはアロエエキスやハーブの蒸留液を用いているとのこと。

おすすめ商品ピックアップ

[SIRTFL]ブライトエッセンスローション 【楽天】

こちらは化粧水ですが、かなりとろみのあるテクスチャでほぼ保湿ローションのような感覚で使えます。水を使わない濃密液でしっかり保湿されるので、脂性肌よりも乾燥肌さんに向いています。

[SIRTFL]ブライトV.Cエッセンスパウダー 美容液 【楽天】

こちらは化粧水やローションで溶いて使うタイプのパウダー美容液。美容成分であるビタミンCナイアシンアミドを高濃度で配合しています。パウダー状の美容液ってかなり珍しいですよね。流石サプリメントメーカーならではの発想です…!

もちろん、先ほど紹介した同社の化粧水(ローション)と混ぜて使うことも出来ますよ。

(ランキングの最後へ)

3位:みんなでみらいを

「みんなでみらいを」は、米ぬか酵素の化粧品に特化したスキンケアブランドです。米ぬかに含まれる有益微生物によって出た酵素で、肌の洗浄やケアを行っています。また、米ぬか由来の酵素は抗酸化作用が強く、肌トラブルの改善に効果的です。

そして、この会社はそのブランド名の通り、環境保全を主としたSDGs(*1)の活動に積極的に取り組んでいるという特徴があります。

*1.SDGs…持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)の略。2015年に国連で採択された、「2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す」ための17の指標。(参考:SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省 (mofa.go.jp)

化粧品の原料はカンボジアから調達すると同時に、現地の森林面積を増やす「森の叡智プロジェクト」を行っているとのこと。この活動では、環境保全だけでなく現地の貧困層の方々へ適切な労働の機会を与えることによって発展途上国の貧困問題にも取り組んでいるんです。

化粧品としての実力と、環境保全やSDGsに取り組む姿勢から2017年にはベストコスメ大賞の選出に加え、SDGsビジネスアワード大賞、環境省のグッドライフアワード賞も同時に受賞しています。

肌に優しくしっかり効果のある化粧品を求める方はもちろん、環境保護や持続可能な社会に向けて出来ることから取り組みたいという方にもおすすめです。

取り扱っている化粧品は、洗顔クレンジング(W洗顔)、ローション、美容液になります。また、化粧品ではありませんが、ボディウォッシュやシャンプーも販売されています。

おすすめ商品ピックアップ

[みんなでみらいを]米ぬか酵素洗顔クレンジング 【楽天】

こちらはクレンジング・洗顔が一本でできるW洗顔の化粧品です。防腐剤などの添加物を一切使用せず、米ぬかと小麦のふすま(小麦ぬか)で高い洗浄力を実現しています。

無添加の安心設計ながらウォータープルーフのメイクまで落とせるというなんとも優秀な洗顔です。さらに、環境保全に取り組んでいるブランドなだけあってお得な詰め替え用も販売されていますよ。

ただし、小麦ぬかを使用していますので小麦アレルギーのある方はご使用を控えてください

(ランキングの最後へ)

2位:万田酵素

万田酵素は酵素系の健康食品や化粧品、肥料などの商品を多数手がけている、酵素系の業界ではかなり大手のメーカーです。

万田酵素のスキンケアラインでは、「万田酵素抽出液」という独自の植物発酵エキスを配合した商品が取り揃えられています。万田酵素抽出液は、植物やハチミツから抽出したものになります。尚小麦由来の成分も含まれているので、こちらも小麦アレルギーの方はお控えください。

化粧品としては、洗顔(泡で出るタイプ)、化粧水、美容液、乳液、クリームがあります。また、それ以外にハンドクリームやボディウォッシュ、石鹸も販売しています。発酵食品の会社として長年培ってきた発酵技術を生かしているので、酵素の力を最大限に引き出した商品ばかりです。

製品の特長として、年齢によって生じる肌トラブルの改善に特化していることが挙げられます。酵素の力と保湿成分で肌のハリ・キメを整え、ツヤのある肌を導く効果が期待できます。

香料・着色料・防腐剤全て不使用ながら、文句なしに質の高いエイジングケア化粧品です。今回ご紹介している他のブランドと比較すると価格帯が高いのですが、肌の老化トラブルに本気で悩んでいるという方にはおすすめです。

おすすめ商品ピックアップ

[万田酵素]先行美容液 エムフォルテ ベースセラム【楽天】

万田酵素のスキンケア商品では、洗顔料以外は「エムフォルテ」というシリーズで販売されています。こちらはその中の美容液です。

先行美容液なので、洗顔の後化粧水の前に使うことでその後の化粧品の浸透を良くしてくれます。いわゆる「導入化粧水」と同じ使用法です。

万田酵素で化粧品を揃えるなら、まずはこちらを使って各化粧品の効果をさらにパワーアップさせるというのがおすすめです。

(ランキングの最後へ)

1位:LFREAL(リフレアール)

LFREAL(リフレアール)は、酵素化粧品専門のOEMメーカー(他社ブランドの研究や開発を代理で行うメーカー)として、多数のブランドの酵素化粧品を研究・開発してきた少し特殊な研究特化のブランドです。

こちらの会社、なんと酵素系化粧品の研究に46年以上も取り組んでいるとのこと。大手化粧品ブランドと比べるとあまり聞き馴染みが無いかもしれませんが、実は酵素研究の分野ではかなり古株の実績を持つブランドです。

そんな実力派ブランドからは、クレンジング、洗顔料泡パック(パウダーウォッシュ)、そして化粧水・乳液・クリームの機能をまとめたオールインワンローションといった化粧品が販売されています。

こちらの化粧品の特徴はなんといっても圧倒的なコスパの高さ

酵素の他に、ヒアルロン酸・セラミド・ビタミンCやビタミンEといった美容成分を贅沢に配合、さらに研究で培った技術力によって肌に最大限成分を浸透させるという非常に高い品質を価格を抑えて提供しています。

全製品において、石油系界面活性剤・防腐剤・着色料・アルコール・鉱物油・動物由来原料を一切使用せず、天然成分に拘っています。そしてその全製品が、一定の効果が認めれているとして「薬用」の承認を受けています

このように、高額なデパコス化粧品顔負けの品質を持ちながらも、ブランドの付加価値で値段を上げることなく、徹底して高品質適正価格に取り組んでいます。研究開発から販売まで一貫して自社で取り組むこと、メディアを通した大規模な広告を出さないこと、取り扱いを自社webサイトでの販売に限定することなどによって、極限までコスパを高めているんです。

自社製品の実力に絶対的な自信があるからこそとれる、消費者第一の姿勢ですね。

こちらランキング1位の最推しブランドということで、全商品解説していきます。

おすすめ商品

1.クレンジングオイル

こちらは、角質ケア・保湿ケア・ニキビ防止・肌荒れ防止の4役を担うクレンジングオイルです。タンパク質分解酵素の力で汚れの溜まった角質をしっかりと洗浄しつつ、ヒアルロン酸やセラミドで保湿も行います。そのため、洗浄力の高いオイルタイプながら洗いあがりはしっとりとしてツッパリません

酵素の力で洗浄するので、頑固な毛穴の黒ずみに悩む方にもおすすめです。

2.フェイスウォッシュ

こちらはチューブタイプの洗顔料。クレンジング同様、酵素の力で角質の汚れをしっかり落とします。

こちらも皮脂や汚れをしっかり落とす洗浄力がありますが、人間の素肌と同じ弱酸性かつアミノ酸処方の優しい配合となっています。
また、こちらも植物由来の高保湿成分がこれでもかというほどたっぷり配合されており、洗いあがりはつっぱりません。

ニキビや乾燥肌、シミ・小じわといった全般的な肌トラブルに対応しています。洗顔料にしては珍しく、収斂しゅうれん効果(*2)のある芍薬エキスも配合しています。

*2.収斂効果…組織や血管を引き締める効果。化粧品においては、収れん作用があることで肌を引き締め、肌のキメを整えたり、毛穴の開きや目立ちを改善するといった効果がある。

特に、ニキビや毛穴の悩みは最近のマスク生活で悪化しているという方も多いのではないでしょうか。そんな肌トラブルに悩む方におすすめしたい洗顔料ですね。

3.パウダーウォッシュ(泡パック)

こちらはスペシャルケアとして使えるパウダーウォッシュ。目安として週に1~2回、3分間で行える手軽なスペシャルケアアイテムです。

こちらパウダータイプなのですが、付属の泡立てネットを使って泡立てると非常に持ちのよいしっかりした泡になります。その状態の泡をパックのように顔全体につけ、3分放置すればOK。お風呂に浸かりながらリラックスして使用するのがおすすめです。

こちらの特徴は、汚れ吸着成分を配合しており、保湿しつつも汚れを落とす目的で使えるスペシャルケアであること。黒ずみや大人ニキビが出来やすい方、普段からメイクが濃く汚れがたまりやすい方は、こちらを定期的に使うことで、肌の汚れをリセットしてくれます。

また、クレンジングや洗顔料同様にタンパク質分解酵素を配合しています。汚れを落とすと同時にシミ対策になるので、エイジングケアをしっかり行いたい方にも最適です。

4.ホワイトニングローション


こちらは化粧水・乳液・クリームの機能をまとめたオールインワンタイプのローション。しっかり潤いますが塗ってもべたつかないという嬉しいテクスチャです。

ビタミンC誘導体を配合しているので、メラニンの生成を防ぎシミ・そばかすを予防、加えて美白ケアも担います。さらに、肌の老化トラブル(シミ・しわ・そばかす)を防ぐ酵素を取り入れ、肌の潤い、ハリ、弾力を保ちます。

肌トラブルに悩む方はもちろん、白く透き通るような透明感のあるお肌を目指す方におすすめですね。

注意点

こちらのLFREALの商品は全て公式サイトからのWeb通販のみでの取り扱いなんです。3000円以上送料無料で気軽に購入できるほか、セット割引もありますのでご興味のある方は<公式サイト>をご覧ください。

▼ランキングをもう一度みる

→ランキングトップへ                                     →5位:soel                                        →4位:SIRTFL                                      →3位:みんなでみらいを                                   →2位:万田酵素                                       →1位:LFREAL

*各ブランド紹介の最後にある「ランキングの最後へ」をクリックするとここに戻ります。

まとめ

いかがでしたか?今回は、酵素に特化したおすすめの化粧品ブランドについて詳しくご紹介しました。酵素を使って本気の肌ケアが出来る化粧品をお探しの方、ぜひ参考にしてみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました